March 16, 2017

2022 年、「生産緑地制度」の法律施行から 30 年となり、生産緑地の所有者は市区町村の農業委員会に 土地の買取りを申し出る事が可能となります。このため、その土地の宅地化、市街化が予想され、大規 模な緑地の消失が懸念されます。例えば、徒歩圏に公園がないエリアの生産緑地の指定解除の申し出に ついては、市が積極的に関与して、その一部を公園として存続させるなどの対策が必要と考えます。 また、地産地消推進、学校給食に地場野菜をさらに取り入れるためのルート整備など、都市農業支援に ついても積極的に取り組みます。 

March 10, 2017

■親子がくらしやすいまち 小金井になるための子育て支援対策を

【保育所対策】

駅前再開発に伴い、近年大型マンションの建設ラッシュが進み、市内人口増加で税収アップが見込める一方、保育所の不足を解消する事が難しくなっています。

例えばファミリー向け集合住宅に保育スペースを設けるための条例を策定するなど、事業者が保育所を短期間・低コストで設営・運用しやすい環境づくり、また同時に保育士の待遇改善による人材不足解消を目指します。

【親子の居場所づくり対策】

市の児童館は、乳幼児から若者まで、親、子どもの居場所として機能し、親同士、子ども同士の交流を深め...

March 7, 2017

■五感で感じられるまち、小金井に

 

他所から移り住んだ方々に、「小金井はなんだか空気が違う」と言われることがあります。たとえば、くじら山、野川、小金井公園といった東京の真ん中にあるとは思えないほどの自然環境、各地域に残る餅つきや季節ごとお祭り、個性豊かな飲食店、商店など。個人主義、合理主義に偏りがちな現代社会において、この小金井市は、一朝一夕には造り上げることのできない「五感」で感じられるものが大変豊かなまちであると感じています。私はこの「五感」で感じられるまちの特徴を次の世代に大切に伝えながら、さらに住みやすくするための工夫を地道に...

February 4, 2017

■自然を壊す道路をつくる前にできること
 
はけの自然を壊す都市計画道路(小金井3・4・1号線および小金井3・4・11号線)については、小池都知事によるはけの視察、および計画の見直しが必要と考えます。この計画については、防災対策のために必要という見解もあります。

しかし、前述のように、小金井の貴重な自然、美しい景観を壊して広い道路をつくるという即物的な思考になる前に、地域の連携を推進することが一番の防災対策であると私は考えます。また、暮らしの安全、防災の観点から考えると、既存道路の電柱地中化事業も重要です。都道の電柱地中化率は多摩地域...

January 31, 2017

■CoCoバスをもっと便利に
 
▼割引制度の導入
現状ではシルバーパス・障害者割引といった制度がCoCoバスにはありません。これらを利用できるようにすることで、更なる利便性の向上と外出機会の増加が健康寿命促進にもつながります。
 
▼経営対策
週末観光レジャー向け小金井公園、野川・武蔵野公園への直行便の創設、民間広告の拡充、時間帯運行間隔の見直しなどにより赤字経営からの脱却が必要です。

January 31, 2017

■サラリーマン・士業の経験を市政に生かす

私の学生時代にバブルが崩壊し、社会人になってから世に言うバブル時代のおいしい思いをした経験はありません。その代わりに経験したのが月120時間以上の時間外労働。(当時は「ブラック」という言葉さえなかった。)

そんな当時、自分の身は自分で守ると一から法律(その時は労基法から)を学び、士業の世界に身を投じ、いつしか人の悩みを聞くようになりました。単に相談だけで終わってしまうことも多々ありますが、身近な家族にも言えないような話を打ち明けていただいた時、なぜかお互いホッとする場面があります。

たとえ私一人で...

January 30, 2017


■私達の世代が将来に責任を持ち、一歩ずつ前に進んでいく行政を

 

平成27年12月の市議会議員補欠選挙(定数2名)で私は、蛇の目ミシン工場跡地に

新庁舎を建設することをもって賃貸庁舎(第二庁舎ビル)を地主さんにお返しし、

健全な市の財政を目指すことを掲げて選挙に立ち、7,048票のご支持を賜り、

次点という結果をいただきました。

 市役所建設問題に加え、福祉会館建設、図書館の老朽化、待機児童問題など今、

市民にとって利用頻度の高い公共施設の建設・再利用再配置・サービスの向上については、緊急の課題ながらも、依然見通しがたっておりません...

Please reload

最新記事
アーカイブ
Please reload

Please reload

アーカイブ

Copyright © 2017 このサイトの著作権は小金井の明日をつくる会がすべての権利を保有しております。

画像、テキストなどの無断使用はおやめください。